一ノ瀬ワタルは元格闘家!有吉も演技絶賛で相棒にも出演した強面俳優

一ノ瀬ワタルさんは、Netflix「サンクチュアリ-聖域-」で主人公の猿桜こと小瀬清を演じている強面俳優。

一ノ瀬ワタルさんは、中学卒業と同時に上京し、単身タイに渡り修行をなど強さを求める元格闘家でした。

一ノ瀬ワタルさんを調べてみると、意外にも俳優歴が長く、大河ドラマ「平清盛」「クローズZEROⅡ」「相棒」など話題作にも多数出演していたことが分かりました。

過去に「有吉反省会」で共演した有吉さんもNetflix「サンクチュアリ-聖域-」を大絶賛されていて、思わず主演俳優を調べたそう。

一ノ瀬ワタルさんの元格闘家ならではの経歴を詳しく見ていきます。

目次

一ノ瀬ワタルは元格闘家のキックボクサー

【映像】一ノ瀬ワタルの元格闘家時代の試合と顔の傷

一ノ瀬ワタルさんは元格闘技でキックボクサーでした。

一ノ瀬ワタルの格闘家での成績
  • プロキックボクシングライセンス
  • K2:70kg優勝
  • K1:予選3位
  • ラジャダナムスタジアムイベント:出場
  • レスリング九州大会:優勝
  • 柔道:県優勝

過去の成績から分かるように、幅広く基礎を学んでいるのが分かります。

でも、一ノ瀬ワタルさんが言うように、格闘家としての成績は、素晴らしいものとは言い難い結果でした。

【一ノ瀬ワタル】
必死で頑張っていたものの、格闘家としての芽は出ませんでした

残念ながら、一ノ瀬ワタルさんの行動力や向上心とは裏腹に格闘家時代は、挫折・貧乏・失敗の3重苦でした。

学生時代の成績だと思いますが、柔道やレスリングも経験して、好成績を収めているので【サンクチュアリ-聖域-】での演技にも反映されてのでしょうね。

一ノ瀬ワタルは中学卒業と同時に単身上京した貧乏格闘家だった

一ノ瀬ワタルさんは、佐賀県出身で格闘家になるために九州の田舎から上京し、一人暮らしを始めた。

なんと単身上京したのは、中学卒業と同時なんだとか!当時16歳の少年が単身上京とは行動力の塊です。

しかし、アルバイトと練習の両立が難しく、栄養失調で体を壊した事があり、住み込みで練習できる環境を求めて沖縄やタイのムエタイジムで修行しました。

一ノ瀬ワタルさんの顔の傷はタイでの修行の時にできた傷で本物です。

沖縄もタイも、もちろん単身で修行に行っています。タイには2年間行っています!

知り合いのツテなどを使っているのかは不明ですが、海外まで出てくるとお金も大金が必要になりますよね。

生活も非常に苦しかったそうで、裸足で生活していた時期があるとの驚きの発言もありました!

「ビーチサンダルが壊れても新しいサンダルを買えない」極貧生活を送っていた時期もあり、「周りからしたら、左足だけサンダル、右足は裸足で生活してる男は、かなりのドン底に見えたかもしれません」

ORICON NEWS

一ノ瀬ワタルさんが一気に知名度を上げた【サンクチュアリ-聖域-】では、オーディションの際に主人公が自分そのもの「まさに自分の物語だ」と思ったそうです。

一ノ瀬ワタルが元格闘家だからこそ有吉大絶賛「サンクチュアリ-聖域-」

一ノ瀬ワタルが元格闘家でびっくり有吉も出演を検索するほど演技力

有吉さんが自身のラジオで一ノ瀬ワタルさん主演【サンクチュアリ-聖域-】について大絶賛し、話題になりました。

芸能界でもファンが多く、非常に話題になっていることもあり、番組の冒頭から【サンクチュアリ-聖域-】を大絶賛しながら話をはじめて行きました。

【有吉】
「相当面白いですよね」

【有吉弘行】
調べてみると、一ノ瀬ワタルさんは元プロ格闘家の俳優さんなんだな。

有吉弘行さんは激しい取り組みシーンも多いことから、どうやって俳優さん達を集めたのだろうと思い、あの主演俳優は誰?と気になって自ら検索したんだとか。

有吉弘行さんは、一ノ瀬ワタルさんを検索して、元格闘家に納得した様子でした。

他の出演者も検索して、同じ事務所の後輩も出演していたことに非常に驚いていました。

出演者は本物の力士のような姿になっているので、以前の姿では認識出来ないのかも知れませんね。

有吉が大絶賛の一ノ瀬ワタルの肉体改造は元格闘家だからできた?!

有吉さん大絶賛の【サンクチュアリ-聖域-】での役は、元格闘家でなければ不可能だったと思います。

一ノ瀬ワタルさんは、元格闘家なので土台の身体は仕上がっています。そこが大きなポイントだったとか。

オーディションでは、演技面だけではなく、体格や身体能力を重視していたそう。

専門スタッフや元大相撲力士の指導の元、1年かけて実際の力士同様に身体づくりをしていきます。

【一ノ瀬ワタル】
一番重かった時は130キロを超えていました。

他の共演者も役のために40kg増量するなど、過酷な肉体改造が必要でした。

大幅な増量での身体の負担を考えて、減量についても専門のスタッフがついてサポートするほどです。

【一ノ瀬ワタル】
力士から飛ばされるシーンでは、激突した壁に穴があいて「思わず死んだかも」っと思った

取り組みのシーンも迫力があり話題になりましたが、実際に激しすぎて過酷な撮影だったそう。

一ノ瀬ワタルさんが、元格闘家だったから、ここまでの迫力ある作品になったのです。

一ノ瀬ワタルは元格闘家で「有吉反省会」にも出演していた

一ノ瀬ワタルさんは2016年11月に「有吉反省会」に出演しています。

2016年は一ノ瀬ワタルさんが映画【HiGH&LOW】シリーズに出演していた時期です。

一ノ瀬ワタルさんは、坊主のイメージが定着しているが、カツラを被ってしまうとの反省内容でした。

しかし、反省しに来たはずが、なんと打ち合わせで優しく接してくれた女性ディレクターに恋してしまいます。

番組内で、有吉さんの一声で「連絡先の交換をお願いします」と告白し、見事「OK」もらっていました。

元格闘家とは思えない乙女な一面で現場も大盛りあがりでした。その後が気になりますよね。

一ノ瀬ワタルが「相棒」で見せる元格闘家ならではの存在感

一ノ瀬ワタルが出演した「相棒」

一ノ瀬ワタルさんは、【相棒season21】 第18話(2023年2月22日放送)に小桜千明役として出演しています。

強面だけど、優しい男性を演じました。まさに一ノ瀬ワタルさんにピッタリな役ですよね。

一ノ瀬ワタルさんは、【相棒】ファンからも、俳優としても高い評価を得ています。

小桜千明役が気になって一ノ瀬ワタルさんを検索した人も多く、元格闘家に納得していました。

一ノ瀬ワタルが「相棒」に初回出演したのは格闘家として

実は、一ノ瀬ワタルさんは2023年の【相棒season21】の以前にも【相棒】に出演していました!

【相棒season11】第3話(2012年10月24日放送)宇治龍一 役で出演していました。

調べると、格闘家の写真としての出演だったようです。

部屋に飾ってある写真の1個が、格闘家・宇治龍一役の一ノ瀬ワタルさんだったようです。

そのためノンクレジット出演なので、画像などは確認できませんでした。

一ノ瀬ワタルは格闘家時代に三池崇史監督にスカウトされた俳優

一ノ瀬ワタルは格闘家時代に三池崇史監督のスカウトでデビュー

強面俳優として存在感を増している一ノ瀬ワタルさんは、俳優になったきっかけが漫画のようでした。

一ノ瀬ワタルさんは、タイに修行に行っていましたが、帰国後にジムの館長からの紹介で三池崇史監督に会い、俳優デビューします。

三池監督は空手の道場生で、支部長の知り合いだったので、お願いしたら、監督に電話してくれたんです

ENCOUNT

俳優デビュー作:2009年4月11日公開【クローズZERO II】の不良役

三池崇史監督の世界観と一ノ瀬ワタルさんの風貌がベストマッチしていることから、気に入られたようで、作品に良く出演。三池崇史作品でお馴染みの俳優と紹介されていたりします。

再びスカウトされて元格闘家から俳優へ転身する

実は、一ノ瀬ワタルさんは、幼い頃から俳優には密かな憧れを抱いていました。

【一ノ瀬ワタル】
強い男に憧れていたんです。
大好きなのはジャッキー・チェンやゴーストバスターズ

三池崇史監督監督のスカウトで俳優の楽しさにも目覚め、自分でエキストラに応募したそうです。

その後、エキストラで撮影に参加した際に、事務所からスカウトを受け、事務所に入ります。

【一ノ瀬ワタル】
エキストラとしては売れっ子、スーパー・エキストラだったんです

一ノ瀬ワタルさんが、自身をスーパーエキストラと言うには理由があります。なんと、エキストラなのに掛け持ちで入も出も時間が決まっていたんだとか。

エキストラで、きっちり、入時間や出の時間が決まっているなんて初めて聞きました!

【一ノ瀬ワタル】
上京した理由は格闘家・キックボクサーとしてだったのに

格闘家としてはダメだったけど、売れっ子のエキストラとして事務所から固定給を支払われていた。と語っています。

元格闘家の強面と風貌を生かした強面俳優で引っ張りだこ

人気エキストラで掛け持ちまでしていたスーパーエキストラの一ノ瀬ワタルさんは、どんどん俳優としての存在感を出していきます。

格闘家時代には考えられないほど、仕事が忙しく、引っ張りだこになります。

悪役なら絶対に負けないという意識でやっていましたね。その頃はスキンヘッドで、主人公に殺される役が多かった。暴力団員、ヤンキー、麻薬の売人、人殺し……。なんでもやりました

ENCOUNT

格闘家時代から、真面目で努力を続ける一ノ瀬ワタルさんですから、俳優転身しても気合が違いますね。

【一ノ瀬ワタル】
血のりはお友達って感じ
最近はピーナッツ味が美味しい

一ノ瀬ワタルさんの努力もあって、ドラマプロデューサーから声をかけられ役をもらえるようになります。

その後、どんどんと主要な役も回ってくるようになり、池松壮亮さんや横浜流星さんなど有名俳優とも共演が増えていきます。

現在の【サンクチュアリ-聖域-】での活躍は凄まじい勢いですよね。

【サンクチュアリ-聖域-】はオーディションで役を勝ち取ったそうなので、俳優としての才能があったからこそですね。格闘家時代には、貧乏で片足が裸足だったとは思えないですよ。

完全に一ノ瀬ワタルさんは、俳優としての才能を開花させて唯一無二の存在になっています。

目次