キャンドルジュンの作品の値段は?高額商品で年収5,000万超え?

キャンドルジュンさんと言えば広末涼子さんの夫で、キャンドルアーティストという職業を世間に広めた人物です。

キャンドルアーティストとは、どんな職業で何をしているのか謎めいていて、結婚当初は怪しいと言われていました。

調べてみるとキャンドルジュンさんの年収は3,000万とも5,000万とも言われていました。広末涼子さんの「ヒモ」なんて噂もありましたが、年収は半端なかったです。

実店舗を持っていて、オンラインストアでもキャンドルジュンさんの作品を購入することができます。

謎めいているキャンドルジュンさんの活動や作品について詳しくご紹介します。

目次

キャンドルジュンの作品の値段は?3万超えの高級キャンドル?!

キャンドルジュンの作品は3万円超えの高級キャンドル?

キャンドル作品一覧

カラフルでとても綺麗なキャンドルですが、キャンドルジュンさんの作品は、カジュアルなお手頃価格の物ばかりではありません。

キャンドルジュンさんの作品1,300円〜33,000円

キャンドルジュンさんの作品の特徴と言えば綺麗なグラデーションです!形もきっちり成形した物ではなく、少し歪な作品です。

作品の値段を確認すると、7cm程の小さいキャンドルで1,300円ほどでした。大きさに比例して値段も上がる印象でした。50cm程大きさの作品の値段は20,000円代でした。

50cmだとかなりの大きさの作品ですよね、ウエディングなどにもオススメされていました。芯が9本ある作品は33,000円の値段がついていました。

キャンドルの作品は製作期間3日間

キャンドルに囲まれた男性

キャンドルジュンさんはインタビューで作品の制作について語っていました。

作品は1つだけを作ると言うことはありません。
何個かを同時に作ります。

1点づつの手作りかと思いきや、まとめて作るんですね。作品によって、グラデーションの出方が全く異なるので同時に作っていることに驚きです。

一日目に型に入れて次の日に型から出して仕上げる
仕上げには2日間かかる

作品の仕上げに2日かかるのは意外でした。型から外して完成かと思いきや、3日間の作業が必要とは驚きです

キャンドルは型に入れて作品を作っているそうですが、なんとも言えない歪みが作品の個性を出しています。

いつキャンドルジュンは作品を作っているのか

マスク姿で長髪をまとめている男性

全国を飛び回り、家を長期間空けることもあるというキャンドルジュンさん。

本当にキャンドルジュンさんがキャンドルを作っているのでしょうか。

常にラボに行った瞬間瞬間で作っている

現在も忙しい合間を縫って、キャンドルを作り続けているそうです。イベントでも大量のキャンドルを必要としますから、販売するキャンドルだけではないでしょうし、作り続ける必要があるのでしょう。

バレンタインなのイベントに合わせたキャンドルの作成もしています。季節商品も作成づくりとなれば休む間もありませんね。

キャンドルジュンの作品購入は代々木上原の実店舗だけではない

キャンドルジュンの作品は実店舗「ELDNACS」で購入可能

キャンドルの作品
ELDNACS代々木上原店
  • 会社名:株式会社ELDNACS(エルドナックス)
  • 実店舗:〒151-0066 東京都渋谷西原3-22-10 SG Bldg
  • 電話番号: 03-3468-5139
  • 創業:18年(2023年現在)
  • 2023年1月20日リニューアルオープン

キャンドルジュンさんは、実店舗に常に居るわけではありませんが、来店する日もあるそう。

代々木上原の実店舗がリニューアルオープンした際には、キャンドル作品と共にオープニングパーティーに参加しています。店舗のリニューアル後は、キャンドル作品だけでなく、フルーツビネガードリンクやチャイなどドリンクの提供も始めましたそうです。

「この先のエナジードリンクはビネガーではないか!?」

candle june.jp

キャンドルジュンさんの一言で、発展して実際に店舗でのドリンク提供が始まったのです。

キャンドルだけに拘らない店舗づくりをしているようですね。

キャンドルジュンの作品は全国に取り扱い店がある

キャンドルを背景に立つ男性

キャンドルジュンさんの作品は北海道から沖縄まで、全国に取扱店があります。こちらから

セレクトショップなどの取り扱いが多いようで、全国38店舗でキャンドルジュンさんの作品が取り扱いされています。

また、全国のイベントにも参加しているので、意外と購入する機会は多くあるのかも知れません。

キャンドルジュンさんの作品はギフトにもお勧めなようなので、百貨店で期間限定のショップが企画されたりしています。

キャンドル作品はフリマアプリで転売されていた!

フリマアプリの検索結果

キャンドルジュンさんの作品を詳しく調べると、メルカリなどのフリマアプリでも取引がありました。

未使用の物から使いかけの物まで様々な作品がオークションに出ていました。SOLD OUTの物も多く、キャンドルジュンさんの作品は人気があるのがよく分かりますね。

値段も様々でしたが、3,000円前後の値段が多い印象でした。

キャンドルジュンの年収は?作品の収入だけではない

【動画】キャンドルジュンはフジロックの演出で年収は5,000万円超え?

キャンドルジュンさんの年収は3,000万とも5,000万とも言われています。

詳しく調べると、キャンドル作品の販売意外にも多くの事業に参加していました。全国を飛び回って、被災地での復興イベントや音楽イベントの総合演出も行っています。

音楽イベントといえば、フジロックの演出を行っていて、13年も関わっています(2023年現在)

最近は数が少ないようですが、ウエディングの演出をしていたんだとか。

確かに大規模イベントの総合演出もしているので、作品の販売やプロデュースを考えると年収5,000万円と言われているのが分かりますね。

キャンドルジュンは会社代表や理事も務めている

募金の呼びかけをしている男性
キャンドルジュンの肩書
  • 株式会社ELDNACS(エルドナックス)代表
  • 一般社団法人LOVE FOR NIPPONという支援団体の代表
  • 日本キャンドル協会の専務理事

キャンドルジュンさんはキャンドルアーティストだけでなく、代表や理事を務めています。

3年程前から「キャンドルアーティスト」と名乗るのを拒否しているキャンドルジュンさん。

肩書としては単に「アーティスト」としていますね。

日本キャンドル教会代表理事の方からの声掛けで、キャンドルの普及と活性化の為に専務理事になったそうです。

日本キャンドル教会は2009年設立で5,000人以上の会員がいる日本最大のキャンドル教会。

キャンドル作品はコラボ多数で値段も高額

スカルのキャンドル

「MAGICAL DESIGN」とのコラボレーション作品もありましたが、値段が驚愕でした!

値段は、138,600円だそうです!コラボレートキャンドルの記載があり、芯も確認できるので、キャンドル作品です。

専用の箱も用意された特別な作品ですね。

MAGICAL DESIGN
  • ブランド名:MAGICAL DESIGN(マジカル デザイン)
  • ジャンル:日本のシルバーアクセサリーブランド
  • コンセプト:生には限りがあることを象徴するスカルをメインモチーフとし東洋、西洋の様々な文化、思想をデザインに反映しながら細かいディテールを追求し、一つ一つに意味を持たせたアクセサリーを製作している。

キャンドルジュンの作品はキャンドルだけでなくアパレルもある

Tシャツが並んだ検索結果

キャンドルジュンさんのオンラインストアではキャンドル以外の作品も取り扱いがあります。

空間演出で携わったイベントやフェスでのアパレルを販売しているようです。

聖母マリア像

聖母マリアをモチーフにした作品の取り扱いもありました。キャンドルジュンさんの父親はカトリックの敬虔なクリスチャンなので、キャンドルジュンさんもクリスチャンです。

その影響の作品の取り扱いなのでしょうか。他にも「OMAMORI」のカテゴリでネックレスなども取り扱いがありました。

目次